近頃よく耳にするCSRとは corporate social responsibility の略で、企業が倫理的観点から事業活動を通じて、自主的に社会に貢献する責任の事です。当農園でも何か役に立つ事が出来ないかと模索していたところ、この秋に私たちが通った兵庫県楽農学校OB会が活動の一環として ”こども食堂” への支援を決め、これに賛同して規格外の野菜提供を始めました。

また、楽農学校卒業後の農家の勉強会The periodic circle of the elements ”元素周期表”を理解して、科学的な有機農業を目指す人々)が集うサロンを開設しました。

以下、periodica club と呼びます。                                                2017.8

 

2017.12.25

あさひキッチンのスタッフが野菜のお礼にと、お餅を届けてくれました。子供と一緒に餅つき大会をしたそうです。あんころ餅もいっぱいあって、小さい手でころころと丸めている様子が目に浮かびます。

おいしかったよ、ありがとう!

一生懸命に書いた(描いた)お手紙も入って

いました。

 

12.7   periodica club ⑤

寒くなってきたので、普及所の会議室をお借りしています。今回はニンジンの施肥と生育診断、液肥の活用について勉強しました。


 

11.29 「あさひ キッチン」のスタッフがうちのご近所の田畑里山農場を訪問

田畑さんの指導のもと、人生初めての小松菜の収穫!右の写真のように、ちょっと虫食いがありますが、おいしさは変わりません。


11.27

 

兵庫区の「みんなの食堂 なかみち こみち」さんからは女性トリオの来園です。

子供だけでなく、一人暮らしのお年寄りにも声をかけられているそうです。

うちのシールを見て、「JAS有機のお野菜やわ!」という弾んだ声が聞こえました。

取引先から提供してもらった乾燥野菜も一緒にお渡ししました。

11.25

 

次々と野菜を取りに来られます。

今日は神戸市従業員労働組合・退職者会から事務局長の田淵さんが来られました。

会の創立50周年を機に、子と親の料理教室 「ほっと・HOT・キッチン」を開設されました。

 

11.22   あさひキッチン(11.8実施)の様子。

 

みんな大きなお皿にいっぱい取って、嬉しそうですね!人参を生でバリバリ食べるのは人生で初めての事でしょう。どれもこれも、おいしそう!

11.15

 

西区でこども食堂 「あさひキッチン」を

毎週運営されている、あさひ保育園の舟橋園長さんとあさひ児童館の山地さんが野菜を取りに来られました。2回目の来園です。

前回の間引き人参を、子供たちが”おいしい、甘い!”と生でバリバリ食べていたと

嬉しい報告をしてくれました。

11.15

 

須磨区の児童委員協議会に所属されている

田中さんが野菜を受け取りに来られました。若草地区で月2回、「かがやけ こどもひろば」を運営されています。

 

 

 

 

 

 

11.10

periodica club ④

 

入口のドアがまだ網戸のため、隙間風

入り放題の寒さにも負けず、皆さん熱心に質問。今年度の実践圃場の一つである渡邊

農園を既に中村氏が視察。特に、それを受けての質疑応答が両者の間で活発に行われました。

 

2017.9.8

periodica club ②

本日は中村氏の師である小祝政明氏が楽農学校で講義をされましたので、当クラブでの特別補講もお願いしました。

皆さん、朝から晩までご苦労様です。

2017.8.25

periodica club ①

記念すべき第1回目です。楽農学校に有機コースが開設され、その講義を担当される日本有機農業普及協会の中村隆宏氏が毎月1回、徳島から来られます。氏のご厚意により、昼間に楽農学校で行われた講義の補講を兼ねた勉強会が立ち上がりました。参加者は兵庫楽農学校の就農コースOBが中心。毎月一回金曜日当農園にて。18時~20時。